隙間時間で作れる!オリジナルのネームタグの作り方を覚えよう

隙間時間で作れる!オリジナルのネームタグの作り方を覚えよう Posted on 2017年12月29日

様々な場面で活躍するネームタグ

日々の暮らしをより便利で素敵なものにしてくれるアイテムのひとつが、ネームタグです。荷物に付けたり、首から提げておいたり、と様々な場面でネームタグは活躍します。インテリアのアクセントとしても取り入れられるネームタグを手作りしてみませんか。不器用な人でも安心に作れる方法をご紹介しましょう。

プラスチック板でネームタグを作ってみよう

子供の頃に、プラ板遊びでキーホルダーを作った記憶のある人もいるのではないでしょうか。熱を加えると、圧縮する特性を持つプラスチック板を使うと、自宅でも簡単にネームタグが作れますよ。用意するのは、プラスチック板、マジックペン、鋏、そして、オーブントースターです。プラスチック板に好みのデザインで文字や絵を描き、余分な部分は鋏でカットします。マジックペンは、黒一色だけよりも、カラーのペンを使った方が華やかに仕上がります。優しい風合いに仕上げたい時には、マジックペンではなく、色鉛筆を使いましょう。艶やかなプラッスチック板には色鉛筆では文字が書きにくいので、色鉛筆を使う場合にはプラスチック板の表面に紙やすりを掛けてから書いて下さい。 好みの絵や文字が書けたら、オーブントースターで熱を加えて、丈夫なネームタグに仕上げましょう。

厚紙や段ボールで作るのも楽しい!

プラスチックと比べて耐久性は劣りますが、より手軽にネームタグを作りたい時には段ボールや厚紙を使って作るのも良いでしょう。ナチュラルテイストのインテリアに合わせる場合には、段ボール製のネームタグに麻紐を通して自然なぬくもりの感じられるタグを作ってみて下さい。モダンな印象のネームタグが好きな人なら、白い厚紙に黒い紐を通したすっきり感のあるデザインのネームタグがおすすめです。

ネームタグとは、誰の物かわかるように取り付けられる、名前の書かれた札のことです。旅行用バッグなどに付けます。