使い方は工夫次第!スチレンボードの特徴を理解して上手に活用しよう!

使い方は工夫次第!スチレンボードの特徴を理解して上手に活用しよう! Posted on 2017年12月29日

スチロール材の特徴と安全に使うための工夫

スチロール材を板状に成形したスチレンボードは軽くて柔らかい作りが大きな特徴です。また、弾力性に富んでいることから衝撃を吸収する緩衝材としての機能もあるので、荷物の梱包に用いられることもあります。木製の板と比べて裁断が容易なことから手作り看板の材料や子供の工作など、日用雑貨としての利用も可能です。スチレンボードは安価で購入出来るのも広く普及している要因ですが、利便性が高い一方で火気に弱い点を注意する必要があります。また、有機溶剤に触れると溶解するので接着や塗装の方法を工夫することが大切です。スチロール材は衝撃を吸収出来ますが、力を加えると簡単に割れることから梱包材として使う際は複数枚重ねるのが荷物の損傷を防ぐ工夫になります。

住宅でのスチレンボードの使い方について

スチレンボードを一般の住宅で使う場合、断熱材の代用品としての需要が多数を占めます。スチロール材は遮熱性が高く、水分を通さないことから住宅の窓やドアに挟み込んですき間を塞ぎ、室温の変化を防ぐ目的で使われます。特にスチレンボードは寸法が大きい板状になっているので、住宅の窓にはめ込みやすいのが利点です。また、軽量なので複数のボードを繋ぎ合わせて大きな窓に用いることが出来るのも断熱材として重宝される要因の一つです。スチレンボードは軽いので扱いが容易ですが、日光に長時間当たると劣化して表面の変色やひび割れが生じることがあります。特に断熱材として用いる冬季は紫外線が強いので、薄い遮光シートなどを使ってスチレンボードの劣化を防ぐのが長持ちさせる秘訣です。

スチレンボードは板状に成形されたスチロール材の一種で、遮熱性があるのが特徴です。そのため、二重窓の間に挟み込むことで外気の侵入を防ぎ、室温を一定に保つことが出来ます。