照明機器の使い分けがコスト削減の近道!LEDの仕組みを理解しよう!

照明機器の使い分けがコスト削減の近道!LEDの仕組みを理解しよう! Posted on 2018年4月28日

LEDが普及した理由と正しい扱い方

照明機器の一種であるLEDは耐用年数が長く、消費電力量が少ないことから広く普及しています。特に消費電力量の少なさは家庭での使用の際、電気代の節約に繋がるのが利点です。近年になり製造技術が発達し、LEDが安価で購入出来るようになったことから家庭用照明の多くがLEDに切り替わっています。その一方でLEDは長時間使い続けることを前提に作られているため、通電スイッチを頻繁に切り替える環境では傷みやすくなってしまう欠点もあります。また、従来の照明機器と比べて衝撃にも弱いことから、丁寧に扱うと共に使用環境を確認しておくのが上手に活用するための条件です。

LED使用に適した環境と維持コストを低く抑える工夫

LEDの光は拡散しにくい特徴があります。そのため、日中でも目立ちやすく、広告看板の照明として使うのに最適です。また、使用中は紫外線を放出しないので虫が集まる不具合が発生しないのも屋外での使用に向いているポイントの一つです。光が拡散しにくい特徴が遠距離を明るく照らす効果に繋がるため、スポットライトや街灯に向いています。
LEDの維持コストは常に通電している環境で最も低く抑えることが出来るため、照明設備を長期間使い続ける場合にはLEDに交換するのが適切です。また、LEDは発熱しにくいので狭い室内で気温が急激に上昇するのを防ぐこともできます。逆に、通電スイッチを切り替える頻度が高い場合や室内温度の変化を考慮する必要が無い環境では電球や蛍光灯など、従来の照明機器のほうが適していることがあるので適度に使い分けることが大切です。

LEDライトパネルは、視認性が高い事で道路工事現場などで活躍しており、低電力で維持が出来るのでコストを掛けずに工事を行えます。